Newsニュース

モビンギが「Mizuho Innovation Award」を受賞

コーポレート

クラウド自動化サービスを開発・提供するモビンギ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役: Wayland Zhang)は、このたび株式会社みずほ銀行より「Mizuho Innovation Award」(2018年度 第3四半期)を受賞いたしました。

■左:モビンギ株式会社 代表取締役 Wayland Zhang(写真左)みずほ銀行 執行役員 イノベーション企業支援部長 大櫃直人様(写真右)
■右:「Mizuho Innovation Award」 受賞記念のトロフィー

「Mizuho Innovation Award」は、イノベーティブな事業に挑戦するスタートアップ企業(イノベーション企業)の成長をサポートする観点から、有望なイノベーション企業を表彰するためにみずほ銀行が2017年10月に創設した賞で、ビジネスモデルの優位性、チーム力、成長可能性などを評価軸として四半期に一度表彰が行われています。

受賞にあたり評価いただいた点

  • 企業へのクラウド導入が進む一方、大規模なユーザー企業やMSP※事業者は複雑化した費用を管理する業務に時間と労力を取られている。モビンギの提供するサービスはこの課題を解決している点
  • グローバル展開が可能な経営メンバー、エンジニア陣を構築している点

モビンギは、アマゾン ウェブ サービス(AWS)を代表とするクラウドで提供されるITインフラストラクチャサービスをより簡単に、より管理しやすくご利用いただくためのアプリケーションの提供を通じて、企業における効果的・効率的なクラウド利用をリードしていきます。

(※)マネージドサービスプロバイダの略。

モビンギ株式会社 について

「迅速で、簡単に使えるクラウドコンピューティング体験を提供する」をミッションとするモビンギ株式会社は、世界的に普及が進むクラウドコンピューティングを企業が活用しやすく、また管理しやすくするためのソフトウェアを開発・提供しているスタートアップ企業です。

ソフトウェアやシステムの開発・運用・メンテナンス作業(いわゆる DevOps)の自動化を通じ てエンジニアの生産性を高める「Mobingi ALM」や、複雑化するクラウドの利用コストの可視化・ 最適化によって管理しやすくする「Mobingi Wave」「Mobingi Ripple」を、SaaS(Software as a Service)で提供しております。