株式会社スカイアーチネットワークス

株式会社スカイアーチネットワークスは、パブリッククラウドを中心に扱う独立系マネージドサービスプロバイダーです。お客様に代わってクラウド環境における、インフラ設計、運用、障害対応、セキュリティー対策、バックアップ対策など、パブリッククラウドの運用管理サービスをワンストップで提供しています。

作業時間が大幅に減り、他の業務にあてられるようになった。

お話を伺った方

株式会社スカイアーチネットワークス 営業本部 営業支援 吉田様

AWS請求代行の経理処理、各種インフラの請求代行処理をご担当。

導入しているサービス

クラウド経理業務自動化ツール Mobingi Ripple

導入前の課題

  • 計算データのエクセル管理。
  • 手作業による計算とチェック。
  • 作業フローの複雑化。

導入後の効果

  • 面倒で時間がかかっていたクラウドコスト計算を自動化。
  • 大量のアカウントを一元管理。
  • ミスが許されない膨大な単純作業からの解放。

スカイアーチネットワークスさまは Mobingi Ripple 生みの親!誕生のきっかけは?

私がAWSの請求処理を担当することになったのは、産休育休の復職後のタイミングでした。お休みをいただいている間に、AWSのアカウントは随分と増えており、AWSの請求書発行までにかかる作業工数は膨大になっていました。引き継いだ後、もっと作業効率を上げられないかと上司に相談したところ、その上司が探してきてくれたのがモビンギさんのサービスでした。話を聞いたところ、“追加開発をすれば請求書発行まで一気に行える”ということで、検討を始めました。必要な機能について社内のエンジニアとモビンギの方と議論を重ね、モビンギさんで開発していただいたのが「Ripple」です。

課題となっていたAWSの請求書発行業務

AWSのコンソール画面をエクセルデータに加工し、フィルタリングなど手作業で行い、営業担当とその上司のダブルチェックを行うなど、かなりの工数がかかっていました。アカウントごとに請求書を発行するのですが、RI(リザーブドインスタンス)は別のinvoiceで届くので、インスタンスタイプ×リージョンごとの利用金額を確認し、アカウントごとに足しこむなどの調整作業を行っていました。だいたい3日間で作業を終えられるように他のメンバーにも協力してもらいながら進めていましたが、夜遅くまで作業が及ぶこともありました。また、月を追うごとにアカウントの数が増えていくので、「このままではいつか回らなくなるのではないか」という不安も感じていました。この状況をなんとか解決したいと思っていましたし、請求内容の確認作業は営業側にも負担になっていましたので、本来の仕事に集中できるような環境にしたいと思っていました。

Mobingi Ripple のここが便利!

Mobingi Ripple を導入して良かった点は主に二つあります。

1. 面倒で時間がかかっていたクラウドコスト計算を自動化

エクセル上での管理、手作業がなくなったので、作業時間が大幅に減り、他の業務にあてられるようになりました。すごく助かっています。また、営業のダブルチェックが不要となったので、営業メンバーの負担も減らすことができました。Mobingi Ripple を導入したことで、3日間かかっていた請求書作成の時間は1日かからず終わるようになりました。

2. 大量のアカウントを一元管理

個別のアカウントにログインしなくても料金が一目で見られるところが良いです。AWSのコンソール画面ではアカウントごとにログインしていたので時間もかかっていましたが、たくさんあるアカウントを一元管理できるところが便利だと思います。

Rippleのご検討をされている企業の方へのメッセージ

業務効率をアップできるので是非とも導入をお勧めします! Mobingi Ripple は自動計算してくれて、アンブレンドで数値を出せるので大変助かります。ミスが許されない膨大な単純作業から解放されるので、導入によって社員の工数もストレスもだいぶ減ると思います。

スカイアーチネットワークス様のビジネスの今後のご展望

現在、クラウドのアカウント管理を効率化、運用の自動化を推し進めています。今後の展望としましては、作業を自動化しリソースを確保することで、お客様により高度な付加価値の提供を実現していきたいと考えております。

クラウド経理業務自動化ツール Mobingi Ripple

Mobingi Rippleなら、クラウドインフラのコスト算出から請求までを自動化し、経理業務の労力削減に貢献します。